くらし情報『大坂なおみの母・環さんが明かす“父との断絶”「野垂れ死にせえ」夢を支えた厳父の言葉』

2022年5月15日 17:00

大坂なおみの母・環さんが明かす“父との断絶”「野垂れ死にせえ」夢を支えた厳父の言葉

目次

・大坂なおみの母が明かした過去
・娘をテニス選手に! 向かった“新天地”
・「野垂れ死にせえ」父親からの言葉に……
・「“大坂環”として活動していきたい」
大坂なおみの母・環さんが明かす“父との断絶”「野垂れ死にせえ」夢を支えた厳父の言葉
大坂環(たまき)さん
「当時の私たちには、本当に何もなかった。光が見えないトンネルの中にいるような感覚で、手探りで前に進もうにも、壁にはトゲトゲがあって触れると痛みを感じる。でも、とにかく前に進むしかなかったんですよね」

大坂なおみの母が明かした過去

トンネルの中にいた──。そう自らの過去を微笑しながら振り返るのは、大坂環(たまき)さん。テニスの4大大会(グランドスラム)のうち、全米オープン、全豪オープンを制したプロテニスプレーヤー・大坂なおみ選手(24)の母親だ。

今ではトッププレーヤーとして知られる大坂なおみ選手だが、成功までは紆余曲折の連続だった。その日々を、最も近くで見つめてきた環さん。冒頭の言葉にあるように、順風満帆とは程遠かったという4人家族で歩き始めた時代。夫であるマックス(本名レオナルド・フランソワ)さんと暮らすフロリダの自宅から、家族との向き合い方、そして“光”の見つけ方を語ってくれた。

「人生って本当にどうなるかわからない。もし、グランドスタッフとして空港で働いていたら、違う人と結婚して、違う人生を歩んでいたんだろうなって」

優しく微笑みながら、空港内で働く地上職のスタッフ(グランドスタッフ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.