くらし情報『広瀬アリス、“広瀬すずの姉”から脱却も休養発表で感じた姉妹版「うさぎとかめ」の構図』

2022年5月12日 21:00

広瀬アリス、“広瀬すずの姉”から脱却も休養発表で感じた姉妹版「うさぎとかめ」の構図

目次

・気になる妹との関係性
・広瀬アリス、コメディエンヌ的才能を発揮
広瀬アリス、“広瀬すずの姉”から脱却も休養発表で感じた姉妹版「うさぎとかめ」の構図
「モンスターストライクTHEMOVIEソラノカナタ」製作発表での広瀬アリス(’18年6月)
広瀬アリス(27)が、休養を発表した。

気になる妹との関係性

体調不良により、秋に予定されていた舞台を降板。「ここ数年とにかく前を見て駆け抜けてきたのですがどうやらちょこっとお休みが必要のようです」と説明している。

実際、今期の連ドラでは2本に主演中。秋にはテレ朝系連ドラの映画版が公開されるなど、多忙だったことは間違いない。また、交際が噂される大倉忠義(関ジャニ∞)も直後に難聴などを理由に活動休止を発表。そのこととの関係も取り沙汰された。

ただ、彼女の場合、それ以上に世間の関心を集めがちなのが、4歳下の妹・広瀬すずとの関係だ。遅くデビューした妹が大ブレイクしたことで、彼女には「すずの姉」という逆・七光り的なイメージがつきまとうこととなった。

それゆえ、今回の休養についても、妹へのライバル意識が彼女を追い込んだのではという見方が出ている。これはあながち、深読みのしすぎでもないだろう。

というのも、最近のアリスの売れっ子ぶりにはある「物語」への期待が影響しているからだ。いわば、姉妹版「うさぎとかめ」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.