くらし情報『中高年がやりがちな「スマホ・SNS」のしくじり事例、“ゆがんだ正義”にご注意を』

2022年5月14日 06:00

中高年がやりがちな「スマホ・SNS」のしくじり事例、“ゆがんだ正義”にご注意を

目次

・元・刑事が話す、SNSでのしくじり
・ウソを見抜けず……大人でもだまされる
・宅配業者を装った不在通知の詐欺
・短いメッセージだからこそ注意を
中高年がやりがちな「スマホ・SNS」のしくじり事例、“ゆがんだ正義”にご注意を
※画像はイメージです
「スマホを初めて持つ小学生と、スマホを持っていてもSNSを十分に使いこなせていない50代・60代には、“スマホ・SNS初心者”という意味で共通点があります」

元・刑事が話す、SNSでのしくじり

そう話すのは、元・埼玉県警捜査第一課刑事でデジタル犯罪に詳しい佐々木成三さん。

佐々木さんが監修し、このたび出版された小学生向けのスマホやSNSの防犯ガイドを見ると、どうやら気をつけなければならないのは、子どもだけではないようだ。50代・60代がやりがちなスマホやSNSの失敗にはどのようなものがあるのだろうか。

「まず挙げられるのが、SNSに何げなく投稿したことが炎上してしまうケースです。10代、20代に比べて社会経験があるため、ニュースになるほどの誹謗中傷にまで発展するケースは少ないかもしれませんが、気をつけなければいけないのは“ゆがんだ正義”です」(佐々木さん、以下同)

例えば芸能人の不倫や政治問題について持論を展開してしまうケース。正義感を持って注意をしたつもりの言葉が誰かを傷つけたり、その人を守るつもりで自分の考えを主張し、頑固になってトラブルに発展するケースもあるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.