くらし情報『上島竜兵さん、最初に天国へ行くのは〈俺かな〉と語っていた自伝が最高にくだらなくてカッコいい』

2022年5月13日 21:00

上島竜兵さん、最初に天国へ行くのは〈俺かな〉と語っていた自伝が最高にくだらなくてカッコいい

目次

・〈主演・上島竜兵〉と書きかえた
・軽い怪我はおいしいんだよね
上島竜兵さん、最初に天国へ行くのは〈俺かな〉と語っていた自伝が最高にくだらなくてカッコいい
『これが俺の芸風だ!!―上島竜兵伝記&写真集』(2005年発売/竹書房)
満開の桜の花の中、豆絞りのほっかむりに同じ柄のふんどし姿でなんともいえない切なげな表情でたたずむ姿……。そしてそこに『これが俺の芸風だ!!』という名言を引用したタイトル。

それだけでもう、素晴らしさがあふれかえる、2005年刊行の『上島竜兵 伝記&写真集』。大好きな一冊を、本棚から取り出してみた。

〈主演・上島竜兵〉と書きかえた

本書は表紙に記されているとおりの竜ちゃんの写真も満載の自伝。ただただ蒲田の街を歩いていたり、京都で舞子姿になったり、もちろん竜平会などで酔っ払って最高の笑顔を見せたかと思えば泥酔して目が据わっていたり、最後にはやっぱり全裸になってたり……写真パートだけでも「上島竜兵」という芸人の生き様のようなもの、「くだらなさ」(褒め言葉です)があふれかえっていて、自然と笑ってしまう。

本文パートももちろんその「くだらなさ」は満載。自伝だからとカッコいい表現で半生を語ったりせず、みんなが思う「竜ちゃん」のまま。その「くだらなさ」ので笑いをとりながら、狭間から垣間見える生きざまのようなものが、またかっこいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.