くらし情報『「女性ソロキャンプ」本当にあったゾッとする話、“教え魔”おじさんに野生動物の恐怖』

2022年5月19日 05:00

「女性ソロキャンプ」本当にあったゾッとする話、“教え魔”おじさんに野生動物の恐怖

目次

・女性ソロキャンパーの防犯問題
・ソロキャンプデビューもこれで安心!
「女性ソロキャンプ」本当にあったゾッとする話、“教え魔”おじさんに野生動物の恐怖
※写真はイメージです
ひとり自然の中で過ごして楽しむソロキャンプブームが続く。だが、その一方でさまざまなトラブルも。事前の知識や準備が足りないことで起きるケガや事故だけでなく、性被害に遭ったというケースもあるという……。特に初心者が陥りやすいトラブルを専門家に聞いた。

女性ソロキャンパーの防犯問題

さわやかな気候の中、アウトドアを楽しむ人も増えるこの時季。特にコロナ禍で、『密』が避けられるとして人気が急上昇したのがキャンプ。中でもひとりでキャンプを行う「ソロキャンプ」人口が増えている。

だが空前のブームを前に、女性ソロキャンパーが不安を覚えるのは防犯問題だ。キャンプ歴3年の会社員、後藤美樹さん(30代・仮名)は、過去のゾッとした出来事を語る。

「以前、ひとりでキャンプに行ったとき、テントを設営していたら中年男性に『テント立てられる?教えてあげるよ』と声をかけられたんです。親切心からの言葉かもしれないし、角を立てたくないので、やんわり断りました。けど夕方に焚き火をしていたら“あぶなっかしいな〜。正しいやり方、教えてあげる”としつこく話しかけてきて」

『教え魔』に遭遇してしまった美樹さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.