くらし情報『高須克弥院長が語る、流行りを繰り返す美容医療「僕が次に予言するのは“胸毛の植毛”」』

2022年5月20日 16:00

高須克弥院長が語る、流行りを繰り返す美容医療「僕が次に予言するのは“胸毛の植毛”」

目次

・高須院長に「銀座を選んだワケ」を直撃取材!
・銀座で流行らせた美容法が
・銀座院・高須英津子院長の想い
高須克弥院長が語る、流行りを繰り返す美容医療「僕が次に予言するのは“胸毛の植毛”」
「YES!」のキャッチコピーでおなじみ統括院長の高須克弥(撮影/山田智絵)
日本人に「YES!」と投げかければ、多くの人が「高須クリニック!」とキャッチコピーを口ずさむほどの高い認知度を誇り、世界中から美を求める人々が訪れる美容医療界のパイオニア・高須クリニック。

高須院長に「銀座を選んだワケ」を直撃取材!

去る4月22日、高須クリニック東京院が古巣である赤坂を離れて銀座に「銀座高須クリニック」を開業し、話題を集めている。

そこで週刊女性は、破天荒、豪放磊落、美容整形界のラストサムライ……さまざまな異名をとる統括院長・高須克弥さん(77)を直撃!新天地に銀座を選んだ理由や今後の野望に迫った。

「本当はね、旧東京院の目の前にあった(TBSに隣接した)赤坂サカスに引っ越すのがいちばんラクだったんだけど、なかなか空きが出なくて諦めたんだよ。芸能関係のお客さんも来やすいだろうしね(笑)」

多忙な施術の合間を縫って取材を受けてくれた高須院長は、そう快活に笑う。

「移転のきっかけは、東京院があったビルの建て壊しが決まったこと。何件か候補があった中から、条件に合う『キラリトギンザ』に決まりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.