くらし情報『“悪徳ライバー事務所”の被害トラブルが増加! 「配信ノルマ」「契約解除の違約金」若年層を狙う闇』

2022年5月20日 20:00

“悪徳ライバー事務所”の被害トラブルが増加! 「配信ノルマ」「契約解除の違約金」若年層を狙う闇

ライバー側は、“なんで最初の人たちじゃなくて、違う事務所と話しているんだろう?”なんて状況になることも」

事務所に不信感を抱き、やめたいとなるが……。

「たとえば所属する際のLINEのメッセージで、“違約金がありますが、それでもいいですか?”と来て、それに対してOKした。そうなると、契約上は一応成り立ってしまいます」

“途中解約が出来ない”、“解約するには違約金がかかる”、“解約後、数年間は活動できない”。ライバー相談者たちの悩み。このような理不尽な言い分は、法律的にまかりとおるのか。

芸能業界における競業避止義務は…

「たとえば、“何年間か活動出来ない”、“同じような仕事は出来ない”といったことは、法的に“競業避止”と言ってよく争いになります。たとえば技術系の開発職にある人が転職する場合、会社で得たノウハウを持って転職します。そこで同じ業種に転職されると他社が元会社で得たノウハウなどで儲かって、元の会社は割を食うといったことがあり得ます。

そういったことから一定期間競業する会社への転職を禁じるといったことが一般に言う競業避止義務となります。他業種において同様のこういった規制(義務)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.