くらし情報『“悪徳ライバー事務所”の被害トラブルが増加! 「配信ノルマ」「契約解除の違約金」若年層を狙う闇』

2022年5月20日 20:00

“悪徳ライバー事務所”の被害トラブルが増加! 「配信ノルマ」「契約解除の違約金」若年層を狙う闇

また、先ほどの裁判も東京高等裁判所において、その判断が変わる可能性も十分にあります」

ライバーが身を守るためにすべきこと

違約金については?

「たとえば大規模な企業とのコラボ案件があったとして、そういった仕事を事務所も与えていて、その途中でライバーが仕事をやめる、契約をやめますとなったとします。ライバーとライバー事務所は法律的には“準委任”という関係にある場合があります。この場合は民法の規定上、“いつでも契約解除をしてOK”というものがあります。ただそうは言っても、例えば、事務所に損害を与えるような一定の場合には契約を解除することによって発生する損害を払わなくてはならないという規定があります。事務所の辞め方や予定されていた仕事の内容によっては損害賠償が成り立つ可能性はあります。ただ、注意して欲しいのは、単純に契約書において違約金を定めてあるから、絶対に払わなくてはなりません、とはなりません。違約金を求められたりした場合には、必ず弁護士に相談した方が良いでしょう」

ライバーは自身の身を守るため、どうすればいいのか。

「ライバー事務所はやはり、まだ“出来立て”の事務所が少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.