くらし情報『大河『光る君へ』主演・吉高由里子「朝ドラヒロインも乗り気じゃなかった」ミステリアスな素顔』

2022年5月24日 18:00

大河『光る君へ』主演・吉高由里子「朝ドラヒロインも乗り気じゃなかった」ミステリアスな素顔

目次

・予定調和が苦手な“即興”の人
・朝ドラ『花子のアン』は乗り気じゃなかった?
大河『光る君へ』主演・吉高由里子「朝ドラヒロインも乗り気じゃなかった」ミステリアスな素顔
吉高由里子
「1年半という長い収録期間に、どんな日々が待っているのかなとか、どんな風景が待っていて、どんな着物があるんだろうとか、想像できないくらい、願ってもみなかったお仕事です」

吉高由里子が胸を弾ませるのは、大きな発表があってのこと。

「5月11日、吉高由里子さんが’24年のNHK大河ドラマ『光る君へ』の主演を務めることが発表されました。『源氏物語』の作者・紫式部の生涯を描いた物語で、女性主人公の作品は’17年に柴咲コウさんが主演を務めた『おんな城主 直虎』ぶり。“平安時代のセックス&バイオレンスを描きたい”と話す脚本の大石静さんは、吉高さんとは’20年の日本テレビ系ドラマ『知らなくていいコト』以来のタッグです」(スポーツ紙記者)

気合十分の吉高は、早くも予習に精を出している様子。

「京都府にある、紫式部が『源氏物語』を執筆した邸宅があったとされる、廬山寺の『源氏庭』を訪れたことを、SNSで報告していましたよ。京都グルメもしっかり楽しんでいたようですが(笑)」(同・スポーツ紙記者)

予定調和が苦手な“即興”の人

そんな吉高が芸能界入りしたのは’04年のこと。

「原宿のアクセサリーショップでイヤリングを選んでいた吉高さんに、女性スカウトマンが声をかけたのが始まりだそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.