くらし情報『【追悼】“府中の神様”みよこ先生の最後のメッセージ「感謝と愛があれば平和な世界が生まれる」』

2022年5月29日 05:00

【追悼】“府中の神様”みよこ先生の最後のメッセージ「感謝と愛があれば平和な世界が生まれる」

目次

・読者たちに寄り添って言葉をかけていたみよこ先生
・“みよこは特別な存在”
・みよこ先生は心のなかで生き続ける
・オフィスチロルより読者のみなさまへ
【追悼】“府中の神様”みよこ先生の最後のメッセージ「感謝と愛があれば平和な世界が生まれる」
読者からも愛されたみよこ先生
みよこ先生は週刊女性や『JUNON』で連載を持っており、最後の企画は『府中の神様・みよこ先生のお悩みレスキュー345』(4月26日号で終了)だった。これまでにも『みよコトバ』(2012年~’13年)や『キセキの扉』(’10年〜’12年)などを通し週刊女性の悩める読者たちに寄り添ってきた。

読者たちに寄り添って言葉をかけていたみよこ先生

連載のほかスペシャル企画として、歌手の加山雄三さんや世界的に有名なヒーラー(心身を癒す力)のウィリアム・レーネンさん、メイクアップアーティストのかづきれいこさんらと対談もしている。特に本誌でみよこ先生の連載を担当していたベテラン編集者A子さん、ライターのBさんはともに「加山さんとの対談が印象に残っている」と口をそろえる。

「小さいころから加山さんの大ファンだったそうで、対談が実現したときは目がハートになっていました。そのときは、ああ、先生も可愛らしいところがあるんだと微笑ましかったですね」(Bさん)

実はこの対談は、みよこ先生からの発案ではなかったという。

「先生には願ったことが叶う引き寄せの力のようなものがあり、私が加山さんのレコード会社の人と話していたときにたまたま先生の話になったんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.