くらし情報『『こち亀』が的中させた“未来予測” お掃除ロボ、電子マネー、オンライン飲み会まで「もはや予言の書」』

2022年5月28日 11:00

『こち亀』が的中させた“未来予測” お掃除ロボ、電子マネー、オンライン飲み会まで「もはや予言の書」

目次

・未来を予言する『こち亀』の世界
・ロボットやリモートも予知していた『こち亀』
・実現してほしくなかった話も!?
『こち亀』が的中させた“未来予測” お掃除ロボ、電子マネー、オンライン飲み会まで「もはや予言の書」
国民的人気を誇った漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
両津勘吉巡査長を主人公としたギャグ漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で40年間続いた人気連載。単行本は2016年の201巻で最終巻となった。

未来を予言する『こち亀』の世界

その後、’21年に『ゴルゴ13』(リイド社、現204巻)の記録に抜かれるまでは「もっとも発行部数が多い単一漫画シリーズ」としてギネスに登録されていた。そんな「こち亀」には、未来を予想し、現実になったシーンが多い。

もともと「こち亀」は『ヤングジャンプ』(集英社)の読み切り漫画として掲載された。その後、休載することなく、『少年ジャンプ』で連載され、作者・秋本治(69)の代表作となった。

連載当時には実現していない技術も多かった。スマートフォンが出現する前の’02年に発行された、129巻の「驚異のシルバーiT!の巻」では、携帯電話でバーコード決済をするシーンが描かれている。

現在では多くの人がスマホを所有し、電子マネーを利用している。特に都市部では日常となった。漫画の設定ではQRコードは想定されていないが、バーコードを読み取る仕様で、現在の利用法と同じだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.