くらし情報『『ちむどんどん』でも話題!夏バテ&疲労回復に、“元気”が出る「沖縄ごはん」レシピ』

2022年6月3日 11:00

『ちむどんどん』でも話題!夏バテ&疲労回復に、“元気”が出る「沖縄ごはん」レシピ

目次

・朝ドラの主人公・黒島結奈が、杏とつくる思い出の味
・健康効果もばっちり!島食材をたっぷり味わう
・たっぷりのビタミンとミネラルで夏バテ&疲労回復MENU
・たっぷりのビタミンとミネラルで身体温め
『ちむどんどん』でも話題!夏バテ&疲労回復に、“元気”が出る「沖縄ごはん」レシピ
沖縄ごはん撮影/廣瀬靖士
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でも登場する沖縄の郷土料理。沖縄では昔から“クスイムン(食は薬)”の食文化が根付き食材やその調理法に健康効果がバッチリ。暑さが増してバテやすい今の時季、南国パワーで元気をチャージして。

朝ドラの主人公・黒島結奈が、杏とつくる思い出の味

暑い時期に食べたくなる沖縄料理。

今年の4月から放映されているNHKの朝ドラ『ちむどんどん』は沖縄が物語の舞台。主人公・比嘉暢子(黒島結菜)の幼少期の家族団らんシーンで、おいしそうな沖縄ごはんをほお張る姿に、食指が動いた人も多いのでは。お父さんとの思い出の味“ソーキそば”。東京編でもお母さんの得意料理“そーみんちゃんぷるー”がお話のキーになるなど、食いしん坊で料理人を目指す暢子の味の土台をつくっているのが沖縄料理なのだ。

物語と同じく、沖縄出身である主人公の黒島結奈は、実家から沖縄野菜を送ってもらい、“上京後、一番長い友だち”という女優・杏のYouTubeで、沖縄料理の腕前を披露している。ゴーヤちゃんぷるーや、お母さん直伝のにんじんのしりしりー、泡盛を使ったラフテーなど、なんとその数8品。出会いからのほほえましいエピソードとともに、もくもくと料理を作るふたり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.