くらし情報『堀江貴文、マスク持ち歩く理由を「変な飲食店に当たると困る」根に持つ餃子店“入店拒否”騒動』

2022年5月25日 06:15

堀江貴文、マスク持ち歩く理由を「変な飲食店に当たると困る」根に持つ餃子店“入店拒否”騒動

目次

・ノーマスク注意するリスクの方が高い
・ひとゆきとも水をあけられた
堀江貴文、マスク持ち歩く理由を「変な飲食店に当たると困る」根に持つ餃子店“入店拒否”騒動
堀江貴文氏
《電車タクシーコンビニずっとしてないですけど注意されないですね。されるのは飛行機系だけですね。あとたまに変な飲食店とかに当たると困るので一応持ち歩いてはいます。》

5月23日、“ホリエモン”こと堀江貴文氏が自身のツイッターを更新。毎日新聞世論調査の【「屋外、マスク外してよい」は69%】との記事を引用して、《と、いいつつ私以外で外してる人ほぼいないっすね。怖いんだろうね皆んな》とツイートすると、続けて冒頭のような、屋内外で“ほぼノーマスク”生活を送っていることを明かした。

政府は同日、屋外で2メートル以上の距離を保てていればマスクは不要、とする基本的対処方針を新型コロナ対策本部にて正式決定。つい、10日ほど前には「今の段階で緩和するのは現実的ではない」と話していた岸田文雄首相だったが、熱中症リスクも高まる夏季に向けた対策なのだろう。同様に学校でも、距離の確保を前提とした上で体育授業での「マスク着用は必要ない」と緩和を講じた。

「海外では、既に“withコロナ”として社会経済活動の優先に舵取りが切られ、アメリカでは公共交通機関とその構内でのマスク着用義務も撤廃。そもそもマスクをする文化がない国では“脱マスク”が加速しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.