くらし情報『元日テレ・町亞聖アナが両親の介護にプライベートを捧げた日々、波乱万丈な人生と希望の光』

2022年6月11日 13:00

元日テレ・町亞聖アナが両親の介護にプライベートを捧げた日々、波乱万丈な人生と希望の光

目次

・日本テレビの“顔”として活躍
・18歳に突きつけられた現実
・介護生活の中で知ったこと
・母が子宮がんに、そして父親も
・男子にモテながらも、一途な彼女
・アナウンサーから報道局へ
・元祖ヤングケアラーだからできること
・人の手を借りることの大切さ
元日テレ・町亞聖アナが両親の介護にプライベートを捧げた日々、波乱万丈な人生と希望の光
フリーアナウンサー町亞聖さん撮影/渡邉智裕
母親代わりとして家事をこなし、きょうだいの学費や母親の医療費のために奨学金をもらいながらアルバイトをした大学時代。そんなときによりよい福祉に貢献したいと目指したのがアナウンサーという仕事だった。華やかな放送業界で活躍しつつも両親の介護にプライベートを捧げ、家族介護や福祉社会の問題をライフワークにするようになった彼女の軌跡をたどる。

日本テレビの“顔”として活躍

町亞聖。この名前と顔に見覚えのある方も多いだろう。そう、彼女は以前日本テレビの局アナとして全国に知られた存在だった。

新人ながら福留功男アナとの掛け合いが人気だった『いつみても波瀾万丈』はじめ『TVじゃん!!』『ホンの昼メシ前』など、バラエティーからニュース、スポーツ番組まで日本テレビのいくつもの番組の“顔”として活躍した。その後、報道局に異動になり、記者としても活躍。

2011年に日本テレビを退社、フリーになってからも、TOKYOMX『5時に夢中!』『ニッポン・ダンディ』などのメインMC、また文化放送、ニッポン放送などのラジオ番組でもMCを務めている。

本業だけではない。若くして母親の介護を経験した彼女は、「家族介護」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.