くらし情報『「Twitterで年商1億円」までのぼりつめた元専業主婦のシングルマザーが明かす「1580日の闘い」』

2022年6月17日 05:00

「Twitterで年商1億円」までのぼりつめた元専業主婦のシングルマザーが明かす「1580日の闘い」

目次

・本社を滋賀県に置く理由とは
・母親としての葛藤
・SNSとの付き合い方
「Twitterで年商1億円」までのぼりつめた元専業主婦のシングルマザーが明かす「1580日の闘い」
あいめこさん(本人提供)。この2年間、歯を食いしばって仕事をしてきたという
SNS運用のコンサルタント事業を行う株式会社withera。’20年に設立、ものの2年で年商1億円に急成長した企業だ。社長を務めるのはあいめこさん(30)。

会う前までは『バリキャリの女性』を想像していたのだが、記者の前に現れた彼女はふわふわのワンピース、厚底サンダル、ネイル……“可愛らしい”という言葉がよく似合い、一般的な女社長のイメージとは異なっていた。

その見た目とは裏腹に内面は「努力と根性」の塊。しかし、その成功の裏には挫折と苦しみが隠されていて……。その軌跡を聞いた。

◆◆◆

本社を滋賀県に置く理由とは

あいめこさんは“日本初のオンラインキャバクラ”の第一人者でもある。オンラインキャバクラとは、スマホやパソコンによるリモートで女性従業員との会話を楽しむことができるシステム。新型コロナウイルス感染拡大により、外出自粛が続いたことで飲みに行けなくなった顧客と飲食店の女性従業員をマッチングさせようとしたことに始まる。

あいめこさんはこの仕組みにいち早く目をつけ、’20年4月にマッチングのシステムを立ち上げたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.