くらし情報『2秒に1個売れている!65年経ってもロゴが変わらない「ウタマロ石けん」の名前の由来』

2022年6月22日 08:00

2秒に1個売れている!65年経ってもロゴが変わらない「ウタマロ石けん」の名前の由来

目次

・白さとキレイのヒミツは週イチの洗濯実験!?
・ウタマロは4種類!
・Q. 名前の由来は?
・Q. どれくらい売れているの?
・Q. デザインは変わった?
・愛用者が実践する、ウタマロシリーズネット発・便利テク
2秒に1個売れている!65年経ってもロゴが変わらない「ウタマロ石けん」の名前の由来
ウタマロシリーズがあれば家中ピカピカ!
最近SNSで話題の「#ウタマロ石けん」。65年の歴史をもつロングセラーで今も2秒に1個売れている大ヒット商品!汚れ落ち、レトロなパッケージやいい香り……ウタマロがココロをつかむワケ、相当深かった!

白さとキレイのヒミツは週イチの洗濯実験!?

汚れがとにかくよく落ちる洗濯石けんの代名詞ともいえるのが『ウタマロ石けん』。ロングセラー商品でもあるが、近年SNSでも話題沸騰中だ。10年前には3年の開発期間を要したウタマロ液体シリーズ3商品もラインナップに加わった。

〈ガンコな汚れも簡単キレイ〉をモットーに、週に1度の洗濯実験を欠かさないと教えてくれたのは(株)東邦・商品企画部の北村真優さん。

「例えば“泥汚れ”といっても土の種類によって違いがあるため、さまざまな土を集めて汚れ落としテストを行います」(北村さん、以下同)

土の収集には、なんとわざわざ甲子園球場の土まで入手してテストしたというから、そのこだわりは相当だ。また消費者からの声も大切にし、“いちごのシミを洗うと青くなる”という声が届いたときにもさっそく実験をした。

「果汁とウタマロ石けんのアルカリ性が反応して一時的に青くなりましたが、しっかりもみ洗いをすると青みは消え、果汁シミはほぼ消えました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.