くらし情報『百田夏菜子、ドラマ『僕の大好きな妻!』で発達障害の妻を演じて感じた“理想の夫婦像”』

2022年6月18日 21:00

百田夏菜子、ドラマ『僕の大好きな妻!』で発達障害の妻を演じて感じた“理想の夫婦像”

百田夏菜子、ドラマ『僕の大好きな妻!』で発達障害の妻を演じて感じた“理想の夫婦像”
ももいろクローバーZのリーダー百田夏菜子(撮影/田中敦美)
「やさしさと愛にあふれている夫婦で憧れます」

連続ドラマ初主演作、土ドラ『僕の大好きな妻!』(東海テレビ・フジテレビ系毎週土曜夜11時40分~)で発達障害の妻、知花を演じている百田夏菜子。

発達障害当事者の目線から実体験を交えて描いた、ナナトエリ・亀山聡原作のコミック『僕の妻は発達障害』をドラマ化。

「発達障害は100人いたら100の違いがあると言われています。知花は人の気持ちを読むことや考えながら言葉にすることが苦手という特性があります。原作の知花のキュートさと、セリフが知花として感じたことが素直に口から出てくるよう意識して演じています」

知花は自身の特性によって起こる日常のハプニングと明るく前向きに向き合い、夫の悟(落合モトキ)は妻を理解しようと奮闘する。そんな夫婦の姿がハートウォーミングに描かれている。

「悟は、知花のことをたくさん考えてくれて安心感がある。すべてにおいて思いやりとやさしさと愛があって素敵です。ちょっと不器用で完璧じゃないのもかわいくていとおしいです。理想の旦那さんランキングがあったら上位に入ると思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.