くらし情報『1980年代に世の男性が熱狂した『おニャン子クラブ』“普通の子”が一夜でスターになれた秘密』

2022年6月22日 11:00

1980年代に世の男性が熱狂した『おニャン子クラブ』“普通の子”が一夜でスターになれた秘密

目次

・それは深夜番組的おふざけから始まった
・ちゃんとした仕事に思えなかった
・究極のアイドルらしさとフツーっぽさ
・テレビ視聴率が落ちると同時に店じまい
・3人材&名曲を輩出。影響は後続にも
・「会いに行けるアイドル」を生み出した
1980年代に世の男性が熱狂した『おニャン子クラブ』“普通の子”が一夜でスターになれた秘密
おニャン子クラブ
1980年代、夕方の番組では異例ともいえる視聴率13%台で推移した番組『夕やけニャンニャン』。そこから出てきたおニャン子クラブはバブルに浮かれた社会と相まって、芸能界のトップへ駆け上がった。当時の彼女たちの人気を振り返りつつ、その背景を芸能評論家の宝泉薫が解説ーー。

それは深夜番組的おふざけから始まった

1980年代なかばに一世を風靡したおニャン子クラブ。今年5月に放送された『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』(フジテレビ系)ではデビュー曲『セーラー服を脱がさないで』が流れ、さまぁ~ずのふたりが「懐かしいな~」「高校生に戻っちゃうよ」と盛り上がっていた。

と同時に、藤田ニコルのような若手からは「なんかすごい歌なんですけど…」「あんな若い子たちにあんな歌…」と、そのちょっと過激でエッチな歌詞に違和感を示す声も。

実はこの曲、作詞した秋元康もこう振り返っている。

「バカバカしさでいえば’80年代で1位か2位を争う曲ですね」

このバカバカしさこそが「懐かしさ」を生んだり「違和感」をもたらしたりするわけだ。

というのも、おニャン子は芸能史上まれにみるおふざけから始まった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.