くらし情報『《釧路・男児13時間放置死》35歳夫と18歳妻の“孤立”生活「声をかけてくれていたら…」近隣住民の後悔』

2022年6月18日 05:00

《釧路・男児13時間放置死》35歳夫と18歳妻の“孤立”生活「声をかけてくれていたら…」近隣住民の後悔

目次

・生後4か月の男児を“13時間”放置
・言ってくれれば、私があげたのに…
《釧路・男児13時間放置死》35歳夫と18歳妻の“孤立”生活「声をかけてくれていたら…」近隣住民の後悔
阿部光浩容疑者(SNSより)
「ご主人はとても気さくで、やさしくて、礼儀正しくて、本当にいい方。“子どもの面倒をお願いします”と声をかけてくれていたら、あんなことには……」

と、容疑者宅近くに住む主婦は後悔を口にしたーー。

北海道警釧路署は10日、釧路市の10代で無職の妻と夫で会社員の阿部光浩容疑者(35)を、生後4か月の次男と2歳の長男を自宅に13時間余り放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。

生後4か月の男児を“13時間”放置

「夫婦は8日の朝8時30分ごろから、午後10時ごろまで2人でパチンコに出かけていました。自宅に戻って、次男の意識がないことに気づいた阿部容疑者が119番通報。病院へ搬送されましたが、すでに手遅れだった」(地元紙社会部記者)

警察は死亡した次男の司法解剖の結果をまだ公表していないが、

「現在の容疑は保護責任者遺棄ですが、遺棄が死因に影響していれば、保護責任者遺棄致死となって罪が重くなります。そこを見据えて公表には慎重になっているんだと思います」(同・社会部記者)

阿部容疑者と妻は今年2月に結婚。長男と次男は妻の連れ子だった。だが、冒頭の近所の主婦はこの妻と子どもらのことをまったく知らなかったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.