くらし情報『万引きし放題、客にかかる負担…「セルフレジ」の問題点を解決! 製造者が語る“未来の技術力”

2022年6月26日 09:00

万引きし放題、客にかかる負担…「セルフレジ」の問題点を解決! 製造者が語る“未来の技術力”

目次

・コンビニでもセルフレジを見かけるが……。
・セルフレジで増加!万引きへの対策は
・セルフレジの“お得さ”
万引きし放題、客にかかる負担…「セルフレジ」の問題点を解決! 製造者が語る“未来の技術力”<br />
セルフレジがもたらす未来と問題は?(※画像はイメージです)
スーパーやコンビニを中心に小売店で導入が急速に広まっている『セルフレジ』。近年多くの人に身近な存在となっている。その背景は─。

「いちばんは効率と利便性です。スーパーなどでは人によって買い物量が大きく異なり、それらの客が限られた同じレーンに並ぶことで、会計までにかかる時間が人によって大きく異なる。店舗レイアウト上、レーンを増やすのには限界があるため、新たな解決策としてセルフレジが考案されました」

そう話すのは、ITジャーナリストでモバイル決済に詳しい鈴木淳也さん。

「日本ではスキャン処理にいちばん時間がかかることを考慮して、スキャンは店側、支払いがセルフと分離された“セミセルフ”の導入が、通常の有人レーンでも増えています。

欧米などではカード決済比率が高いため個別の支払いにかかる時間はそれほど多くないのですが、日本では現金比率が高めなのと、決済手段が多様でやはり支払いに時間がかかるという理由もあり、諸外国ではあまりみられない『現金自動支払機つきセミセルフレジ』が導入されています」(鈴木さん、以下同)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.