くらし情報『「“なかったこと”にされていた痛みを治したい」真っ赤な口紅と赤縁めがねの女医YouTuberの挑戦』

2022年6月26日 10:00

「“なかったこと”にされていた痛みを治したい」真っ赤な口紅と赤縁めがねの女医YouTuberの挑戦

目次

・心と身体の「痛み」に向き合う女医YouTuber
・11坪の家に7人で暮らす。漁師町の片隅に
・戦後を生き抜いた祖母の決意
・麻酔科医としてのスタートと挫折。そして―
・“なかったこと”にされた痛みへの挑戦
・医療格差をなくすための初志貫徹した強い思い
「“なかったこと”にされていた痛みを治したい」真っ赤な口紅と赤縁めがねの女医YouTuberの挑戦
機械を使用して診察する富永さん。同クリニックには最先端の機器もそろっている写真/北村史成
「痛み」の治療に特化した『富永ペインクリニック』。頭痛、腰痛、関節の痛みはもとより、全国でも珍しい性交痛外来のオンライン診療も実施。県内外から多くの患者がアクセスしている。だが、その歩みは決して平坦なものではなかった。「私は常に戦っている」そう話す眼差しの先には貧困や暴力、地域格差により“なかったことにされてきた多くの人たち”の痛みがあった。

心と身体の「痛み」に向き合う女医YouTuber

真っ赤な口紅と赤縁メガネの女性、刺激的な文言が印象的なYouTubeチャンネルがある。

発信するのは富永喜代さん、愛媛県松山市にある「富永ペインクリニック」院長だ。

「私はいつも挑戦者ですね。誰もなし得なかったことをする。そして、それを恐れない」

そう語る富永さんのYouTubeチャンネル『女医 富永喜代の人には言えない痛み相談室』のチャンネル登録者数は17万人超え、総再生回数は3200万回にも及ぶ。著書の発行部数は累計62万部でテレビタレント顔負けの『インフルエンサー』だ。

同チャンネルで取り上げられるのは、男女の性愛や性交痛、勃起障害、更年期障害など、性にまつわるものが多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.