くらし情報『【学校の掃除】家にはルンバがあるのに!いまどき雑巾がけは必要?“子どもに掃除をさせる”に賛否両論』

2022年6月25日 09:00

【学校の掃除】家にはルンバがあるのに!いまどき雑巾がけは必要?“子どもに掃除をさせる”に賛否両論

目次

・家ではクイックルワイパーやルンバなのに
・そもそも、なぜ子どもたちが学校の掃除を?
【学校の掃除】家にはルンバがあるのに!いまどき雑巾がけは必要?“子どもに掃除をさせる”に賛否両論
※写真はイメージです
ノンフィクションライター・大塚玲子さんが教師たちの本音に迫る『先生のホンネ』シリーズ。今回のテーマは「掃除」。いまどき雑巾掛けは時代遅れ…!?  先生たちが考える、見直すべき点とは?

* * *

学校には、昭和の時代から変わらない懐かしい光景がたくさんあります。これまで取り上げてきた運動会や給食、卒業式など、どれもノスタルジックな甘い思い出として、幅広い年代に共有されているもの。

でも、ハタと立ち止まって考えてみると「それって、本当にいいやり方?」と思うようなことも、実は少なくありません。大人たちは、過ぎ去った学校の思い出をつい美化して考えがちですが、「これぞガラパゴス」みたいなことも、意外とよくあるのです。

今回取り上げる学校の「掃除」も、そのひとつ。先生たちに話を聞くと、「これは考えなきゃダメだよね」というもろもろが、浮かび上がってきました。

家ではクイックルワイパーやルンバなのに

まず、掃除道具の問題があります。学校の掃除といえば、雑巾とバケツに、長い柄のついたホウキを頭に思い浮かべる人がほとんどじゃないかと思うのですが。

「いまどき、日常の床掃除に雑巾を使うお家なんて、あります?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.