くらし情報『ヒカル経営の脱毛サロンが「1か月で営業日数が7日」の異常事態!夏前の繁忙期に休業状態のナゾ』

2022年6月27日 18:00

ヒカル経営の脱毛サロンが「1か月で営業日数が7日」の異常事態!夏前の繁忙期に休業状態のナゾ

目次

・1年後には20店舗増やすと豪語
・不可解な休業状態
ヒカル経営の脱毛サロンが「1か月で営業日数が7日」の異常事態!夏前の繁忙期に休業状態のナゾ
『Rejehanne』のホームページ上のヒカル
手越祐也が2020年10月にオープンさせた脱毛サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」が、今年5月末をもって全店閉店となった。一時期は全国で7店舗を展開していたものの、経営状況は悪化の一途をたどっていたようで、結局2年ももたずに営業終了へ。

ほどなくして、新田真剣佑がプロデュースする脱毛サロン「AmSALON」も、同じく5月末、わずか1年でサービスの提供を停止したことが明らかに。有名人による脱毛サロン経営の難しさが浮き彫りになる中、今度は、人気YouTuber・ヒカルの手掛ける脱毛サロンに、ある“異変”が生じていることがわかった。

1年後には20店舗増やすと豪語

ヒカルは2020年12月に、オーナー兼プロデューサーとして、メンズ脱毛サロン「ReJehanne by Hikaru」の1号店となる池袋店をオープン。その後、同年12月に大阪・あべの天王寺店、翌21年2月に東京・銀座店と次々に店舗を増やし、現在までにメンズ専用サロンを7店舗、レディース専用サロンを2店舗展開している。

「ヒカルは2019年、ファッションブランド『ReZARD』を創設し、初年度売り上げ25億円を達成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.