くらし情報『60代からは家族や友人に縛られない!鎌田實先生が伝授、人生の後半を“ラクに生きる”ヒント』

2022年7月3日 11:00

60代からは家族や友人に縛られない!鎌田實先生が伝授、人生の後半を“ラクに生きる”ヒント

目次

・“ソロ活”の練習を始めよう
・鎌田實先生がお悩みにズバリ!
60代からは家族や友人に縛られない!鎌田實先生が伝授、人生の後半を“ラクに生きる”ヒント
1948年生まれ。医師、作家、諏訪中央病院名誉院長鎌田實先生
他人との縁を切らず、ほどよい距離感を保ちながら、ひとりの時間を大切に─。

長年、緩和ケアの現場で患者と向き合っていく中で、そんな“ちょうどよい孤独”を楽しむ生き方こそ、満足した人生の最期につながると感じている医師で作家の鎌田實先生。ひとり時間を楽しむ力を養うことは、自分の価値観をはっきりさせて自己肯定感を高めることに役立つという。

“ソロ活”の練習を始めよう

「人はいつかひとりになる可能性がある。自分の延命治療・緩和ケアはどうするか、夫に先立たれた後にどう生きるか。自分ひとりで決めなければならないときが必ずきます。そのときに、満足できる“自分流”の生き方を選択することができるか。ひとりで何をするか選んで過ごす“ソロ活”は自己決定の訓練にもなります」(鎌田先生、以下同)

鎌田先生は、家族や親しい友人など誰かが一緒にいるという恵まれた環境のときこそ、“ソロ活”の練習を始めることをおすすめしている。

「ひとりで過ごす訓練なしにひとりになると、本当につらい。誰かがいるという環境がいつまでも続くわけではないということを元気なうちから意識することも大事です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.