くらし情報『経済効果約11億円をもたらした「たま駅長」、初代の遺志を継いだ猫たちが駅舎を守り続ける』

2022年7月2日 06:00

経済効果約11億円をもたらした「たま駅長」、初代の遺志を継いだ猫たちが駅舎を守り続ける

目次

・初代の遺志を継ぐ「継承猫」たちが!
・「社長面接」に合格して駅長に!
経済効果約11億円をもたらした「たま駅長」、初代の遺志を継いだ猫たちが駅舎を守り続ける
初代たま駅長
動物たちの話題はいつでもほほえましいものです。かつて話題になった動物たちは、“今”どうしているのでしょうか。海外メディアにも取り上げられた猫駅長・たま駅長のその後を取材!

初代の遺志を継ぐ「継承猫」たちが!

平成の猫ブーム、いわゆる“ネコノミクス”のきっかけになったともいわれる、和歌山電鐵貴志川線貴志駅の三毛猫駅長「たま」。たまが駅長に就任した背景をたどると、廃止の危機にひんしていた貴志川線を、南海電鉄から和歌山電鐵が事業継承した2006年までさかのぼる。

「事業継承の際に、路線や駅の敷地が公有地になりました。その中のひとつに、たまちゃんが飼われていた小屋があった。’06年4月1日の開業セレモニーの際に、飼い主の方が当社の小嶋光信社長に『猫たちを駅の中にすまわせてもらえないか』と直談判したことが始まりです」

そう話すのは、和歌山電鐵を運営する両備グループ広報の山木慶子さん。たまの目を見た小嶋社長は、「社員の中にもこんなに目力があるものはめったにいない。目が合った瞬間、たまちゃんが自己申告したかのように、たまちゃんの駅長姿が浮かんだ」という。

その直感は大当たりする。訓練を経て、’07年に無人駅である貴志駅に着任した駅長の凛々しい姿は瞬く間に多数のメディアで取り上げられ、「たま駅長」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.