くらし情報『うつ病の人は“あごにゆがみ”がある!噛みしめが気分のムラに影響、うつが軽くなる「1分あご体操」』

2022年7月3日 16:00

うつ病の人は“あごにゆがみ”がある!噛みしめが気分のムラに影響、うつが軽くなる「1分あご体操」

目次

・あごのゆがみが脳の働きに悪影響を及ぼす
・あごがゆがむ原因はスマホとパソコン
・1日1回のあご体操で心身の不調が消えていく
うつ病の人は“あごにゆがみ”がある!噛みしめが気分のムラに影響、うつが軽くなる「1分あご体操」
※写真はイメージです
コロナの影響で日本国内のうつ病やうつ状態の人の割合が2倍以上に増えている。1万人のうつ病患者を施術してきた整体師によると噛みしめの悪さがメンタルに大きく影響するという。そこで効果を発揮するのが「あごを整える」。手軽なセルフケア、まずは1週間試してほしい。

あごのゆがみが脳の働きに悪影響を及ぼす

「整体師としてたくさんの方を見てきましたが、うつ病の人は高確率で噛みしめグセや、あごにゆがみがありました」

そう警鐘を鳴らすのは、湯山卓さん。今まで1万人以上のうつ病の人や、うつ症状のある人に施術を行ってきた。

近年、うつ病の患者数は増加傾向にあるが、厚生労働省の調査によれば男女比でみると女性のうつ病有病率は男性の約2倍だ。

「特に15年ほど前、パソコンやスマホが当たり前になったころから、うつ病患者さんが増えたと感じていました」(湯山さん、以下同)

あごのゆがみが心の不調を引き起こすメカニズムはこうだ。あごの関節「顎関節」は頭蓋骨からぶら下がっており、非常に不安定。それに対し、あごを動かす「咬筋」は身体の中でいちばん強い筋肉といわれる。

「噛みしめグセがあると不安定な顎関節に大きな負荷がかかるため、ほかの関節と比べてあごはゆがみやすい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.