くらし情報『スマホの使いすぎでうつ症状が出るケースも、医師が警告「自律神経うつ」の恐怖と予防策』

2022年7月3日 13:00

スマホの使いすぎでうつ症状が出るケースも、医師が警告「自律神経うつ」の恐怖と予防策

目次

・『頸筋うつ』と『大うつ病』の見分け方
・頸筋うつ(自律神経系うつ)の恐ろしさ
・誤った診断と投薬10年以上苦しんだ人も
・重要なのは首を休ませること
スマホの使いすぎでうつ症状が出るケースも、医師が警告「自律神経うつ」の恐怖と予防策
死にいたる自律神経系うつの恐怖(※画像はイメージです)
全世界的にメンタル不調が増加している。経済協力開発機構(OECD)が昨年実施したメンタルヘルスに関する国際調査によると先進国でうつ病、うつ状態の人が増加しているとの結果が出た。日本国内でも’13年に7・9%だった有病率が’20年には17・3%と2倍以上に増加していた。

私たちの身近でも“気分が落ち込む”“倦怠感”“意欲・気力の低下”などの症状を訴える人も目立つようになった。「うつ病ではないか」と疑い、心療内科や精神科を受診する人も少なくはないのでは。

うつ病は大きく分けて、精神疾患の『大うつ病』と『頸筋うつ』の2種類がある。

「大うつ病は遺伝性のあるうつで、数も極めて少なく、増えることはないんです。『頸筋うつ』は、スマホやパソコンの使いすぎと外傷(頭部外傷とむち打ち)が原因で起こり、精神疾患ではありません。頸筋(頸部にある筋肉)の治療で完治します。最近ではスマホ・パソコンの普及に伴い、頸筋うつが急増しています。実はうつ症状のある人の90%以上がこの頸筋うつと見られています」

そう語るのは、脳神経外科医で東京脳神経センター理事長の松井孝嘉さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.