くらし情報『磯村勇斗、30歳を目前に“怒涛の過去”を振り返る「10代のころはパパラッチに追い回される妄想を」』

2022年6月30日 18:00

磯村勇斗、30歳を目前に“怒涛の過去”を振り返る「10代のころはパパラッチに追い回される妄想を」

目次

・身体に負担のない減量方法
・「自分らしさを出せる役ともまた出会いたい」
磯村勇斗、30歳を目前に“怒涛の過去”を振り返る「10代のころはパパラッチに追い回される妄想を」
磯村勇斗撮影/伊藤和幸
映像化は不可能。そう言われ続けてきた山本直樹の漫画『ビリーバーズ』。ピンク映画出身の城定秀夫監督が映画化を熱望したものの、キャストが決まらず何年も企画が止まっていた時期もあったという。そんな中、主人公・オペレーター役を快諾したのは、磯村勇斗。

「原作や脚本を読むと、今までなかったような感覚の物語、そして世界観ですごく感性を刺激されました。“やってみたい”という好奇心でオファーを受けました。躊躇?全然なかったです」

身体に負担のない減量方法

映画『ビリーバーズ』が7月8日、公開を迎える。孤島で暮らす、とある宗教的な集団に属する2人の男と1人の女。過度な食欲、物欲、性欲などを絶って“俗世の汚れ”を浄化し、“安住の地”を目指すべく修業に邁進していた。僅かなほころび、抑えきれない欲望、むき出されていく本能……。

懲罰で穴に埋められたり、海辺での濃厚ラブシーンなど、NGなしで果敢に挑んだ。

「この不思議なカルト集団を演じることは、人間としても面白かったです。そこにエロスとバイオレンスが加わって。ここまで攻めているものは初めて。すごく実験的で、刺激的で、濃密で充実した時間でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.