くらし情報『Netflix離れが加速! サブスク戦国時代にワーナーブラザーズの『HBO Max』も参戦へ』

2022年6月28日 21:00

Netflix離れが加速! サブスク戦国時代にワーナーブラザーズの『HBO Max』も参戦へ

目次

・サブスクの王様・Netflixの敗北
・HBO 制作の人気ドラマには渡辺謙、山下智久らが出演
・ディズニー作品やマーベル作品を見たいなら
Netflix離れが加速! サブスク戦国時代にワーナーブラザーズの『HBO Max』も参戦へ
Netflixオリジナル作品『浅草キッド』
今年4月、Netflixが発表した第1四半期の決算業績が話題を呼んでいる。

「増加を続けてきた有料会員数が全世界で20万人も減少しています。ロシア、ウクライナ情勢の影響でロシアでのサービスを停止したことが理由の1つですが、それ以外にもアジア圏以外では、家計の見直しで動画配信のサブスクを解約する家庭が増えているという背景もあるようです」(ITライター)

’97年にアメリカで設立されたNetflix。オンラインでのDVDレンタル事業から始まり、’07年にストリーミング配信サービスに移行したことで急成長。’15年に日本版が誕生すると、フジテレビと提携を結び、共同でオリジナルコンテンツを制作することを発表。フジテレビを代表する人気恋愛リアリティーショー『テラスハウス』の配信などで会員数を増やしていった。

「日本版では吉本興業やジャニーズともタッグを組み、’16年にはお笑いコンビ・ピース又吉直樹さんの同名小説をドラマ化した『火花』や、ジャニーズWEST主演の『炎の転校生REBORN』などを制作しましたが、大きな話題にはなりませんでした。日本での会員数が大きく伸びたきっかけは、’19年に配信が開始されたAV監督・村西とおるさんの半生を描いた『全裸監督』のヒットでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.