くらし情報『安室奈美恵に滝沢秀明、芸能界を引退した彼らが残した「心に残る引き際の言葉」』

2022年7月4日 05:00

安室奈美恵に滝沢秀明、芸能界を引退した彼らが残した「心に残る引き際の言葉」

目次

・時代を彩った引退宣言の数々
・キャンディーズ
・山口百恵
・都はるみ
・森且行
・飯島愛さん(享年36)
・成宮寛貴
・江角マキコ
・堀北真希
・安室奈美恵
・滝沢秀明
・森昌子
・長瀬智也
・加山雄三
安室奈美恵に滝沢秀明、芸能界を引退した彼らが残した「心に残る引き際の言葉」
(左から)山口百恵、安室奈美恵、滝沢秀明
6月20日、加山雄三(85)が年内でコンサート活動から身を引くことを表明。

橋幸夫も昨年、80歳を迎える’23年5月に歌手を辞めることを発表するなど、往年の名歌手が相次いで引退宣言している。

時代を彩った引退宣言の数々

これまでにも、突然の宣言で周囲を慌てさせたり、いまや伝説となった引退劇の数々が。そんな時代を彩った芸能人の引き際を、心に刺さる言葉とともにプレーバック。

キャンディーズ

「普通の女の子に戻りたいんです」

人気絶頂だった ’77年7月のコンサートで、ファンに向けて突然の解散宣言をし、ラン(伊藤)が泣き叫ぶようにこう発言。その後、 ’78年4月に後楽園球場でお別れコンサートを行い、4年半の活動に終止符を。

しかし、ランとスー(田中さん)は ’80年、ミキ(藤村)は ’83年に芸能界復帰。再結成は叶わなかったが、私生活ではときどき3人で集まっていた。

山口百恵

「私のわがまま許してくれてありがとう。幸せになります」

’80年3月に三浦友和との婚約発表と同時に引退を宣言。同年10月には日本武道館でファイナルコンサートを行い、ファンにこうメッセージを。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.