くらし情報『芦田愛菜の主演映画をレビューした評論家が炎上!内容とは無関係な“性的な言及”に「気色悪い」の声』

2022年6月29日 05:00

芦田愛菜の主演映画をレビューした評論家が炎上!内容とは無関係な“性的な言及”に「気色悪い」の声

目次

・レビュー内容が問題視されて
・過去には「浅田真央」の件でも炎上
芦田愛菜の主演映画をレビューした評論家が炎上!内容とは無関係な“性的な言及”に「気色悪い」の声
芦田愛菜
芦田愛菜が主演を務める映画『メタモルフォーゼの縁側』が、6月17日に公開した。

映画は漫画家・鶴谷香央理氏による同題作品を実写化したもので、書店でアルバイトをしている17歳の女子高生・佐山うらら(芦田)と、75歳で一人暮らしをしている老婦人・市野井雪(宮本信子)が、共通の趣味“ボーイズラブ漫画”を通じ、年の差を越えた友情を育んでいくという内容。なにわ男子・高橋恭平なども出演している。

レビュー内容が問題視されて

芦田といえば、2010年に出演した連続ドラマ『Mother』(日本テレビ系)で“天才子役”として脚光を浴び、以降もさまざまなドラマや映画、CMなどでも活躍。そんな芦田も、今やうららと同じ女子高生。今月23日に18歳の誕生日を迎えており、その少し前には、在学中の名門高校から、系列大学医学部への進学が内定したという報道でも注目を集めていた。

ちなみに、『メタモルフォーゼの縁側』の主題歌「これさえあれば」は、2013年にブルースデュオ・T字路sがインディーズでリリースした曲で、今回は彼らの演奏のもと、芦田と宮本が“うららと雪”としてカバー。

そんな主題歌を含め、同映画はネット上でも評判が良く、「作品の内容も、おふたりの歌も、とっても良かった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.