くらし情報『暑い日は首・脇を冷やすより手を洗おう!熱中症防ぐ、水道水で15秒の「手のひら冷やし」』

2022年7月2日 11:00

暑い日は首・脇を冷やすより手を洗おう!熱中症防ぐ、水道水で15秒の「手のひら冷やし」

目次

・「手洗い」で深部体温をぐっと下げる効果が
・すぐに始めたい汗をかく習慣
・水分補給は1日8回、渇きを覚える前に
暑い日は首・脇を冷やすより手を洗おう!熱中症防ぐ、水道水で15秒の「手のひら冷やし」
水道水で15秒手洗いするだけで(写真はイメージです)
梅雨明けとともに連続の猛暑日が続き、最高気温が40℃を超える地域も。そんな中で、高齢者や子どもはとくに注意したいのが熱中症。何か良い予防策はないものかと探していたところ、「手のひらには体温を調節する特別な血管があります」と専門家。手洗いだけで暑さ対策になるというから、耳よりな話ーー。

今年は例年よりも気温が高くなると予想され、室内外で熱中症の危険が高まる。

熱中症は、体内の水分と塩分のバランスが崩れることや高温多湿な環境に置かれることで、体温管理機能がうまく働かなくなり、さまざまな症状が生じる状態のこと。暑いなか、立ちくらみや筋肉痛に近い症状を感じたら、軽度熱中症を疑いが。症状が進んでいくと、頭痛や吐き気、倦怠感などが表れ、重症になると意識障害やけいれんが起こることもある。そして、最悪の場合、死に至る。

「手洗い」で深部体温をぐっと下げる効果が

熱中症にかからないために大切なのは体の温度を上げないこと。そのためには、体を冷やすことが効果的だ。

冷やす部位は首や足の付け根といった血流の大きなところ。そして「手のひらがおすすめです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.