くらし情報『万引き容疑で逮捕の読売新聞「20代女性記者」、エリートがなぜ“弁当・お菓子・マンガ”を盗んだのか』

2022年7月4日 05:30

万引き容疑で逮捕の読売新聞「20代女性記者」、エリートがなぜ“弁当・お菓子・マンガ”を盗んだのか

目次

・慶應卒のエリート女性記者が万引き
・犯行にいたる合理的理由がない
万引き容疑で逮捕の読売新聞「20代女性記者」、エリートがなぜ“弁当・お菓子・マンガ”を盗んだのか
※写真はイメージです
「地元・札幌市の商業施設内の書店で漫画本を盗んだところを見つかり現行犯逮捕された3日後のことだ。こんどは、約2か月前に出張先のコンビニエンスストアで弁当などを盗んでいた容疑が固まり、再逮捕となった。将来を嘱望された事件担当の若手記者で、他業種の同年代と比べてずっと高給取りのはずなのに」

と捜査関係者は呆れる。

北海道斜里町のコンビニで弁当や菓子などを万引きしたとして道警斜里署は6月21日、読売新聞北海道支社の報道記者・高橋沙耶香容疑者(24、高ははしごだか)を窃盗の疑いで再逮捕した。道警によると、被害に遭ったのは計9点で、被害総額は販売価格で2657円。

警察の取り調べに対し、「反省しています」などと述べ容疑を認めている。

事件があったのは4月28日午後8時57分ごろ。現場の斜里町ではその5日前、知床半島沖で小型観光船『KAZU 1』が沈没する事故が起こり、テレビや雑誌、新聞各社の記者が町に大挙していた。高橋容疑者も取材のため、札幌から出張中だった。防犯カメラの映像から特定に至ったという。

最初の逮捕案件は6月18日午後8時55分ごろのこと。自宅や職場に近い札幌市内の書店で、販売価格880円の漫画1冊を盗んだとして窃盗の疑いで現行犯逮捕された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.