くらし情報『高須院長、不倫報道のベッキーに「ハーフは叩きやすい」』

2016年1月15日 05:00

高須院長、不倫報道のベッキーに「ハーフは叩きやすい」

becky0115

CM出演は10社。好感度タレントの代名詞だったベッキーが窮地に追い込まれている。その発端は、7日発売の『週刊文春』で報じられた、人気バンド『ゲスの極み乙女。』ボーカルの川谷絵音との不倫報道。

『週刊文春』発売日前日に緊急記者会見を開き、「友人関係」と否定。しかし、記者からの質問は受け付けず、一方的に謝罪するという形式の会見にも非難が殺到した。そこで好感度タレントから一転、バッシングの対象となったベッキーについて、高須クリニック・高須院長に話を聞いた。

――ネット上では、会見でのベッキーが「やつれている」という声も目立ちました。

高須「ライトの関係とかじゃない?あの手の顔は明るめのメイクをすれば若く見えるけど、暗いと一気に老けて見えちゃうから」

――社会学者・古市憲寿さんの「ハーフは劣化が早い」発言も波紋を呼びましたが、ハーフは老けやすいとかあるのでしょうか?

高須「ハーフが老けやすいのではなく、アジア人が老けにくいだけ。アジア人は皮膚が厚くてひらべったいから、たるみにくい。逆にハーフは彫りが深くて皮膚が薄いからたるみやすい。日本人の女性が外国でモテるのは、若く見えるからっていうのもあるよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.