くらし情報『小芝風花、今年20歳に「人生1杯目のお酒は、母と飲むって決めてます!」』

2017年2月11日 07:00

小芝風花、今年20歳に「人生1杯目のお酒は、母と飲むって決めてます!」

小芝風花、今年20歳に「人生1杯目のお酒は、母と飲むって決めてます!」
小芝風花撮影/伊藤和幸
「大阪に住んでいるおばあちゃんは、私のことをすごく応援してくれてます。“録画したやつ毎日見てんねん〜、アンタの活躍が本当に生きがいやわ〜”って(笑)」

主演映画『天使のいる図書館』(2月11日[土] 奈良県先行公開/2月18日[土] 全国順次公開)で、小芝風花は図書館の新人司書・吉井さくらを演じた。撮影は奈良でのオールロケ!

「観光は全然できなかったですが、スタッフの方と密度の濃い時間を過ごすことができました。撮影現場はお弁当が基本なんですけど、地元の婦人会の方々が作りに来てくださって、お味噌汁や、きんぴらごぼうをいただきました」

ちなみに、小芝家で作るお味噌汁には、必ずジャガイモが入ってるそう。

「でも、自分で作るとまだジャガイモが固くて……もっと勉強しなくちゃいけませんね(笑)。あと、サツマイモが入ってるときは神!って思います(笑)。母とは、周りから驚かれちゃうくらい友達みたいに仲がよくて、悩み事はいちばんに話します。いつも味方でいてくれるし、私のことをいちばんわかってくれる存在だから」

仲がいいぶん、口論になることもあるが、「モメるのはだいたい夜で、ひと晩寝ちゃえばすぐ元どおり」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.