くらし情報『統合医療の川嶋朗医博「死にたくない理由を明確に答えられる人は、ほとんどいない」』

2017年2月9日 21:00

統合医療の川嶋朗医博「死にたくない理由を明確に答えられる人は、ほとんどいない」

“病気を治して、どうする?” “生きる理由ある?” “死ぬ理由もあるんじゃない?”──いままで考えたこともないような話を初めて聞いたときは、本当にびっくりしました。でも、その理由を聞けば聞くほど、深く納得してしまうのです。川嶋朗先生は真実を問う、まさに医学界の異端児です。

■人生が終わったかのような心理的体験

統合医療の川嶋朗医博「死にたくない理由を明確に答えられる人は、ほとんどいない」
撮影/森田晃博
「世の中に“絶対”はほとんどありません。でも、死ぬことは“絶対”です」

こう話すのは、『人生最期の日に笑顔でいるために今日できること』(イースト・プレス刊)の著者で医学博士の川嶋朗先生。現在、一般財団法人 東洋医学研究所付属クリニック(東京都渋谷区)で、統合医療を中心に診療を行っている。

統合医療とは西洋医学、東洋医学、ホメオパシー、氣功や催眠療法などを用いて、患者それぞれに合った治療法を見つける医療だ。本書では、数多くの患者を看取ってきた中で先生が培ってきた死生観が描かれている。今日からの人生をどう生きるか、改めて考えるきっかけとなる一冊だ。

「私はもともと、腎臓病、膠原病、高血圧が専門。長年、人工透析患者を診てきました。透析が必要なことを告げると、告げられた方は人生が終わったかのような心理的体験をすることから、精神科医のエリザベス・キューブラー=ロスが『死ぬ瞬間』にて提唱した“死の受容”のプロセスにそっくりなことに気がつきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.