くらし情報『フィフィ、Twitter上で見かける芸能人同士のいざこざに「ウラでやればいいのに」』

2017年2月10日 17:40

フィフィ、Twitter上で見かける芸能人同士のいざこざに「ウラでやればいいのに」

フィフィ、Twitter上で見かける芸能人同士のいざこざに「ウラでやればいいのに」
公の場でやり合うことにはリスクがある生番組出演をめぐり、浅草キッド水道橋博士ウーマンラッシュアワー村本大輔が一時口論となった。また記憶に新しいのがTwitterを通して繰り広げられる芸能人たちの感情的なやりとり。ギャラリーのひとりとして、フィフィは思ったところがあったという。■経緯のわからないプライベートな喧嘩は、裏でやるべきこと

ことの発端は、事務所を通さずに村本さんが、Twitter上で番組出演を呼びかけたことにあるようだけど、そうした経緯なんてわからない人のほうが多いですよね。

この件に限らず、芸能人が共演者や業界の人間に対して、しばらく時間がたってからSNS上とかで不満を漏らしたりすることがよくあるでしょ。そういうプライベートな痴話喧嘩みたいなものって、一時的に話題にはなりやすいけど、冷静に考えてみたらなぜオモテでやる必要があるのかと疑問に思うことが多いですよね。本来、ウラでやるべきことです。

腹が立ったことはわかります。その怒りをわかってもらいたいという気持ちもあるかもしれません。だけどそれを公の場所で、感情に任せて言ってしまうことには問題がありますよね。今回の件のように、ギャラリーは多くの場合、どういう経緯でそのような状況になったのかわからないわけですから、さまざまな憶測を呼ぶことにもなってしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.