くらし情報『田中裕二「日々がつまらないと思っている人は、ねこを飼えと僕は言いたい」』

2017年2月17日 21:00

田中裕二「日々がつまらないと思っている人は、ねこを飼えと僕は言いたい」

田中裕二「日々がつまらないと思っている人は、ねこを飼えと僕は言いたい」
芸能界一のねこ男!?爆笑問題田中裕二
芸能界にねこ好きは数多いが、なかでも爆笑問題田中裕二は有名だ。このたび満を持してエッセイ『猫と田中』(太田出版)を発表。ねこがどれほどかわいいか、ユーモアで包みながら思いの丈を綴っている。

理科の先生だった祖父の影響で、幼いころから常に小さな生き物が身近にいる環境。自然と動物好きになっていたという田中が初めてねこを飼ったのは、大学に合格した直後。

「知り合いの家で生まれた4匹のうち、第一印象で“この子”と思って茶トラのオスをもらったんです。まだ小さくて、寝るときは一緒の布団に入るのだけど、つぶしてしまいそうで全然眠れませんでしたね」

プル君と名付けられたこのねこに、田中はメロメロに。“ねこ不足”を感じると家に飛んで帰り、プル君のお腹や顔に口をつける“ねこ深呼吸”をして満たされた。やがて里親を探していたメスねこ、チーとネネに出会い、ねこ好き人生を一直線に歩んでいる。ねこのどこに魅かれるのか。

「あえて言えば正直なところ。僕は犬も好きですが、犬は頭がよくて主人に従う。でも、ねこは自分のしたいことしかやらない。だからこそ裏表なく純粋な感じ。お腹がすいたら寄ってきて、食べ終わったらツンとする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.