くらし情報『斎藤工、マイケル・ファスベンダーに興奮「瞳と笑顔に悩殺されそう」』

2017年2月23日 18:45

斎藤工、マイケル・ファスベンダーに興奮「瞳と笑顔に悩殺されそう」

斎藤工、マイケル・ファスベンダーに興奮「瞳と笑顔に悩殺されそう」
斎藤工撮影/齋藤周造
斎藤工(35)が日本語版の吹き替えを担当する映画『アサシン クリード』(3月3日公開)の舞台挨拶に、主演のマイケル・ファスベンダー(39)と登壇。

マイケル・ファスベンダーは、世界中で人気を誇る『X-MEN』シリーズなど多くの作品に出演し、アカデミー賞に多数ノミネートされる実力派。アメリカの映画レビューサイトが毎年発表する“世界で最も美しい顔100人”の1位に輝いたことも。

「“お前ジャマだ”感が半端ないですね……。ジャマをしないように、お吸い物のような気持ちで寄り添いたいと思います」(斎藤)

いきなり謙遜モードの斎藤にファスベンダーは、「お吸い物は大好きだよ!」と返して、ガッチリ握手。

斎藤がファスベンダーの出演作品をすべて見ていると話し、「魅力が何層にも重なって、ミルフィーユみたい。吸い込まれそうな瞳と笑顔に悩殺されそう」と笑顔で見つめ合う場面も。

共演するならどんな作品がいい?という質問には、

「兄弟役とかどう? 『アサシン クリード2』とかいいんじゃないかな」(ファスベンダー)

リップサービスかもしれないですし、企画はたくさん持っているのでオファーするだけしてみようと思います!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.