くらし情報『フィフィ、小金井刺傷事件の公判にみる司法のあり方に「情報化社会を反映してないよね」』

2017年2月25日 21:30

フィフィ、小金井刺傷事件の公判にみる司法のあり方に「情報化社会を反映してないよね」

2016年5月21日、東京都小金井市にて、音楽活動をしていた冨田真由さんが岩埼(いわざき)友宏被告に刺され重傷を負った事件の第4回公判が、2月23日に行われた。常軌を逸した身勝手な犯行として、検察側は被告に懲役17年を求刑したが、これに対しフィフィは異議を唱える。今回はアディーレ法律事務所の岩沙好幸(いわさ・よしゆき)弁護士の見解も参考にしながら問題に向き合ったーー。■17年でも軽すぎる

フィフィ、小金井刺傷事件の公判にみる司法のあり方に「情報化社会を反映してないよね」
殺人未遂と銃刀法違反の疑いで送検され、小金井署を出る岩埼容疑者
岩沙弁護士によれば、一般的には、殺人未遂罪の求刑は6~10年程度、量刑は4~8年程度になることが多いそうです。

それを踏まえると、今回の求刑は相場よりかなり重いみたいね。だけど、私はそれでも軽すぎると思う。情報をめぐって大きく社会が変わってきているなかで、司法や裁判のプロセスなど、すべてが時代に追いついていないと思うんですよね。

SNSが発達したことによって、とくに表に出る人間は、常に行動が把握されやすい状況下にあります。いつ、どこで、何をやっているか。もちろん、それを宣伝に使うこともできる。だけど同時に、嫌がらせを受けたり、仕事を辞めなくてはならないほどの恐怖を与えられたり、今回のように生命の危険に脅かされる事件に繋がることすらあるわけです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.