くらし情報『山下智久を救った亀梨和也との新ユニット結成「キャラ変更が多く“迷走”していた」』

2017年2月28日 16:50

山下智久を救った亀梨和也との新ユニット結成「キャラ変更が多く“迷走”していた」

2月18日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、4月から土曜夜10時枠でスタートするドラマが『ボク、運命の人です。』に決定したと発表された。同時に、主演にはKAT-TUN亀梨和也、そして山下智久の出演がキャスティングされ、さらに2人が新ユニット『亀と山P』を結成し、主題歌を歌うことも明らかにされたのだった。

亀梨と山Pといえば互いに10代だった’05年に、日テレ系土曜ドラマ『野ブタ。をプロデュース』で初共演。このとき役名の『修二と彰』としてユニットを結成し、歌った主題歌『青春アミーゴ』が大ヒットとなった。

ジャニーズアイドルのCDシングル史上いちばん売れたのがSMAP騒動の影響もあってついには300万枚に届いた『世界に一つだけの花』。2位、3位はそれぞれKinKi Kidsがランクイン。そして4位に『修二と彰』の162・6万枚です」(音楽雑誌編集者)

この快挙に“伝説のユニット”として、今でもファンの間で語り継がれる彼らではあるが、なぜ今“再結成”させるのか。“出会い”から12年、なんとも中途半端にも思えるが……。

■“迷走”する山P

「実質的な山P“救済”ユニットと見てもいいのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.