くらし情報『ドトールコーヒーが飲食業界や食通たちから根強く評価され続ける理由とは』

2017年3月3日 18:30

ドトールコーヒーが飲食業界や食通たちから根強く評価され続ける理由とは

ドトールコーヒーが飲食業界や食通たちから根強く評価され続ける理由とは
ドトールが堅実な人気を保ち続ける理由とは(撮影:今井康一
この20年で、競争環境が熾烈になった市場の1つが喫茶店やカフェなどコーヒーの提供を主体とするお店ではないだろうか。ファミリーレストランをはじめ、コーヒーを飲める店は大きく拡大。ファストフード店も次々に格安コーヒーを展開している。スターバックスコーヒーをはじめ海外から新しい文化もやってきた。100円台で飲めるコンビニコーヒーのヒット、サードウェーブと呼ばれるハイクオリティコーヒーのブーム――。

■堅実な人気を保ち続けるドトールコーヒーショップ

ドトールコーヒーが飲食業界や食通たちから根強く評価され続ける理由とは
当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です
ところが、これだけの荒波に揉まれながらも堅実な人気を保ち続ける老舗コーヒーチェーンがある。ドトールコーヒーショップだ。1990年代後半に外資系コーヒーチェーンが続々上陸した後も、コンビニコーヒーが猛威をふるっても、今なおドトールはにぎわっている。朝早くから夜遅くまでひっきりなしに来客があるお店が多い。

拙著『なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?』にも詳しく書いたが、ドトールにお客が集まるのには、理由がある。

ドトールコーヒーショップの誕生は、1980年。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.