くらし情報『フィフィ、茂木健一郎氏の“芸人終わってる”発言に「むしろ始まったんじゃないの?」』

2017年3月3日 16:50

フィフィ、茂木健一郎氏の“芸人終わってる”発言に「むしろ始まったんじゃないの?」

脳科学者・茂木健一郎氏が自身のTwitterにて、日本のお笑い芸人たちに言及。「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」(2月25日Twitterより一部抜粋)、「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』。」(3月1日Twitterより)と、厳しい眼差しを向けた。これに対しフィフィは、日本のお笑い芸人たちが、そうしたお笑いしかできないわけでは決してないのだと指摘する。■お笑いはその土地の文化を反映するもの

フィフィ、茂木健一郎氏の“芸人終わってる”発言に「むしろ始まったんじゃないの?」
Twitter上で芸人についての持論を展開する茂木健一郎氏
まず、お笑いには、良くも悪くもその土地が培ってきた文化や風習といったものが反映されていると思うんですね。

たとえば、日本語には敬語というものがあります。そしてその敬語がもたらす、ちょっとした言葉のニュアンスの違いを用いて、言葉遊びをすることができますよね。笑いをとることができるわけです。

一方、たとえばアメリカのお笑いといえば、スタンドアップコメディが有名ですが、そこでは黒人のコメディアンたちが、自虐ネタで笑いをとることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.