くらし情報『40~50代女性に多い睡眠ストレス、更年期障害の影響で入眠障害や中途覚醒も』

2017年3月4日 22:00

40~50代女性に多い睡眠ストレス、更年期障害の影響で入眠障害や中途覚醒も

”ほか、さらに症状が出てくることも少なくありません」

また、自律神経の乱れは身体だけでなく、心にも影響を与えるため、

「“不安感や焦燥感から眠れなくなった”という女性も多いですね」

■基礎体温が下がる月経後に早く寝る

月経のリズムはホルモン量だけでなく、基礎体温をも変動させる。基礎体温を計った経験のある人ならおわかりだろうが、月経後の排卵の準備期間である「卵胞期」には基礎体温は下がり、排卵後の「黄体期」には上がる。

リハビリテーションの専門職である作業療法士として、患者に睡眠指導も行う菅原洋平さんは、

「睡眠には、体温が下がったときに深い眠りが得られるというメカニズムがあります。女性は黄体期、つまり月の半分は基礎体温が高く、深く眠りにくいということになりますね」

菅原さんによれば、人の身体はいい状態のときによりよい状態にもっていくと、悪い状態のときの症状が軽くなるという。

「月経後、基礎体温が低めで深い眠りが得やすいときにこそ、たっぷり眠っておく。元気なときって、つい無理しがちですが、そういうときほど早く寝ることで、月経前のつらさが軽減されます」

現代女性は、家庭でも社会でも求められる役割が多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.