くらし情報『『べっぴんさん』撮影終了、芳根京子「本当にぶっとんだ1年でした」』

2017年3月8日 07:00

『べっぴんさん』撮影終了、芳根京子「本当にぶっとんだ1年でした」

『べっぴんさん』撮影終了、芳根京子「本当にぶっとんだ1年でした」
サプライズ演出に芳根京子は号泣撮影/坂本利幸
ヒロインを演じた朝ドラのクランクアップと、記念すべき20歳の誕生日を同時に迎えた芳根京子。サプライズだらけのセレモニーに感涙!

「今日、ちょっとずつみんなが終わっていって、前室に撮影を終えたキャストの方が集まって……。みんなが集まるのはすごく楽しくてうれしいのに、“(終わりに向かっている)この空気はイヤだっ!”って。私は本当にこのチームが大好きです!」

約10か月にわたった『べっぴんさん』の撮影を終えた芳根。ヒロイン・すみれとして走り続けた彼女に、恒例となっている最終カット撮影後のセレモニーで、サプライズ好きのスタッフたちはいろいろな“仕掛け”を用意していた。

照明が落とされた真っ暗なスタジオでひとり、万感の思いでこれまでのシーンをつなげたメモリアル映像をモニターで見ていた芳根。そこに音を立てないように、こっそり報道陣らが入り、ラストカットを見終わった瞬間、照明が点灯──。

「クランクアップ、おめでとう!」

突然、目の前に現れた取材のカメラと、スタッフ、関係者を合わせた100人を超える人たちに彼女が驚いたタイミングで、紙吹雪がスタジオ中に舞った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.