くらし情報『『べっぴんさん』撮影終了、芳根京子「本当にぶっとんだ1年でした」』

2017年3月8日 07:00

『べっぴんさん』撮影終了、芳根京子「本当にぶっとんだ1年でした」

「“あなたがヒロインです”と言われた日もすごく驚いて、こうして終わった今日もすごく驚いて。本当に幸せだなと感じています」

号泣しながらも、紙吹雪の中で踊るようにはしゃいだ芳根は、スタッフへの感謝の言葉をこう話した。また、この日は彼女の20歳の誕生日。特大のショートケーキが用意されたが、イチゴにまじって芳根の大好きなプチトマトも。大人になり、撮影も終えた今、やりたいことは?

「やりたいこと……。何も考えていなかった自分にびっくりしています(笑)。『べっぴんさん』のみんなでご飯に行きたいです!この1年、なかなか全員でご飯というのがなかったので。大阪だから、やっぱり粉モノで、同じ鉄板をつつきたいです」

放送は4月1日の最終回まで続く。

「すみれとして年をとるにつれ、お芝居の幅が広がっていると感じる自分がいて、それがすごく楽しかったです。最後の最後まで“べっぴんな物作り”は終わりません。ぜひ最後までキアリスの行く末を見届けていただきたいと思います」

■仲間からのメッセージ
『べっぴんさん』撮影終了、芳根京子「本当にぶっとんだ1年でした」
(後列左から)土村芳百田夏菜子谷村美月蓮佛美沙子高良健吾、(前列左から)永山絢斗芳根京子、菅野美穂撮影/坂本利幸
菅野美穂「現場の雰囲気がいつもよくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.