くらし情報『仲間に向井と超豪華キャストが次々と死んでいく!アガサ・クリスティ原作ドラマ舞台裏』

2017年3月25日 20:00

仲間に向井と超豪華キャストが次々と死んでいく!アガサ・クリスティ原作ドラマ舞台裏

閉ざされた孤島で起きた男女10人の連続殺人事件──アガサ・クリスティの傑作ミステリーの日本初の映像化が実現した。3月25日・26日夜9時よりテレビ朝日系で2夜連続放送される『そして誰もいなくなった』は、主演・仲間由紀恵をはじめ向井理ら豪華キャストが、次々と殺されていく話題作。その撮影現場の裏側を、プロデューサーに直撃!

■実力派女優&俳優が競演、向井の“死に方”はお墨つき

「錚々たる顔ぶれがそろったこともさることながら、セットも見事。私は40年近くドラマ制作に携わってきましたが、ここまで見事なセットは初めてです。制作費は大丈夫か?と不安になるほど(笑)」

と、藤本一彦プロデューサー。2夜連続ドラマがもう1作品作れるほどの時間と制作費を投じたという今作。原作はアガサ・クリスティの同名小説。閉ざされた孤島の招待客らが10人、次々に殺されていく。テレビ朝日では数年前から、英国のクリスティ財団と映像化を交渉。念願叶って2夜連続のドラマ化に成功した。

仲間に向井と超豪華キャストが次々と死んでいく!アガサ・クリスティ原作ドラマ舞台裏
元水泳選手(仲間由紀恵)、ミステリー作家(向井理)、元傭兵(柳葉敏郎)、外科医(余貴美子)、元刑事(國村隼)、元スター女優(大地真央)、元国会議員(津川雅彦

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.