くらし情報『わが子がデキないのは遺伝? 平凡な両親の子供でも特別な才能を伸ばす方法はあるか』

2017年4月1日 18:00

わが子がデキないのは遺伝? 平凡な両親の子供でも特別な才能を伸ばす方法はあるか

(安藤先生、以下同)

もし縄文時代に語学テストのスコアが高い才能があっても、評価されないだろう。

■何かにこだわるのも才能のひとつ

「つまり、みなさんがイメージする才能とは、目に見えるものだけを指しています。表(「さまざまな形質の遺伝の割合」)で挙げた人間の特徴も、わかりやすい才能を取り上げているだけ。しかも、ほとんどは個人プレーによるものです。

もしお子さんにあてはまる才能がないとしても、それ以外の眠っている才能がある可能性は否定できません」

わが子がデキないのは遺伝? 平凡な両親の子供でも特別な才能を伸ばす方法はあるか
音楽や数学、スポーツ、執筆の才能は遺伝の影響が80%以上と突出している。知能(頭のよさ)に関しては50%くらいで決まる。
でも、誰にも気づいてもらえない才能を持っていたとしても意味がないのでは?

「そんなことはありません。多くの人は見えにくいけれどささやかなよさや強み持っていて、それが学校や職場でのチーム、友人関係の中で生かされているでしょう?それが才能の目覚めです。

実は、 “わかりやすい突出した個人的才能” よりも “社会関係の中で一見目立たない才能” のほうが役に立っている可能性が高いと考えます。企業で成功した社長たちを見ていても、最初のうちは “自分が世の中で使いものになるかどうかわからなかった” 人が多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.