くらし情報『わが子がデキないのは遺伝? 平凡な両親の子供でも特別な才能を伸ばす方法はあるか』

2017年4月1日 18:00

わが子がデキないのは遺伝? 平凡な両親の子供でも特別な才能を伸ばす方法はあるか

「子どもが “好き” でもないのに強制して無理やり取り組ませたとしても、それは “不当な頑張り” “徒労” にすぎません。エジソンが言った “1%の才能と99%の努力” とは、実は “1%の才能がなければ、99%の努力は徒労だ” という意味だったそうです」

ただし、この “好き” という感情には少し注意しなければならないという。

「誤解されやすいのですが、単純に “好き” という意味ではありません。子どもが “それについて学ぶことが好きだ” という意味で “好き” でないと、ただ消費するだけで終わってしまいます。

例えばゲーム好きでも、ただ “面白かった” で終わるのではなく、うまくなるためにいろいろ工夫する、もっと面白い遊び方を考えだすなど、ひとつのことを深めていく “好き” が大事なんです」

“ただ好き” と “それを学ぶことが好き” は大きな違いがある。探求心を持つことで、子どもの学習能力が高まるきっかけになるのだ。※行動遺伝学とは?
「人間の才能や性格などの行動は、先天的な遺伝と後天的な環境からどの程度、影響されるのかについて、膨大な統計データを使って分析する学問です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.