くらし情報『忽那汐里、映画撮影中にイチャイチャ「たまらない現場でした」

2017年4月8日 07:00

忽那汐里、映画撮影中にイチャイチャ「たまらない現場でした」

忽那汐里、映画撮影中にイチャイチャ「たまらない現場でした」<br />
忽那汐里撮影/竹内摩耶
「猫ちゃんたちが優秀すぎて、こっちがNG出しちゃったらどうしようみたいな(笑)。 “撮影にすごい時間がかかるだろうな”って思って、隣の畳の部屋でゴロゴロしていたんです。でも、いざ始まってみたら全然!完璧で、スターとしての貫禄がありました」

ドラマや映画で活躍する多くのスター猫たちが“大量出演”すると話題の映画『ねこあつめの家』で、忽那汐里(24)がヒロインに!

「猫好きとしてはたまらない現場でした。前に7年間くらい住んでいた家の近くには猫ちゃんが多くて、ミャーミャー鳴きながら家から駅までついてきちゃったり。でも最近引っ越した先では懐かない子が多くて、ちょっと寂しいです(笑)」

作品では、主人公の小説家・佐久本(伊藤淳史)が、スランプに追い込まれた末に都会から人里離れた田舎へと逃げるように移住してしまう。

「思い描いていたものを実現したいけど、情熱だけが先走っちゃって……という気持ちはすごくわかる」と忽那。実際、行き詰まった人を目の当たりにしたら?

「とにかく話を聞きます。“ただ話したい、ただ聞いてもらいたい”ということもあると思うので。聞き出すというよりも、話してくれたら聞く、みたいな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.